豊胸は手術でもできますが、いろんなグッズでもある程度カバーできます。

このサイトは豊胸の本・CD・グッズなど通販サイトへのリンクをしています。 沢山の豊胸グッズがありますのでみてください!

2007年12月03日

豊胸後遺症について

豊胸術に限らず,どのような手術などにおいても後遺症などはあるものです。
では,豊胸後遺症にはどのようなものがあるのでしょうか。

豊胸術の中で,脂肪注入法での豊胸術の豊胸後遺症を見てみましょう。
まず,豊胸術の中でも脂肪注入法での豊胸術というのは,もともと自分のものである脂肪を
使用するため,アレルギーなどの拒否反応という豊胸後遺症はありません。
また,注入の際には注射器を使用するため,感染などの豊胸後遺症もとても少ないといわれて
います。
では,この脂肪注入法での豊胸術の豊胸後遺症とはどういったものなのでしょうか。
この脂肪注入法では,生着する脂肪の量がとても少ないということが豊胸後遺症の原因と
なります。生着されなかった脂肪は,通常溶けて排出されるとされていますが,うまく排出が
行われないこともあります。
そのような場合に,沈着したカルシウムのせいでしこりが出来たりというような豊胸後遺症が
起こってくることになります。
また,組織が硬くなる繊維化というものが豊胸の術後に起きてしまった場合には,豊胸後遺症と
して,乳癌との区別がつきにくくなるということも起きてしまうのです。

しかし,その他の豊胸術の豊胸後遺症というものは,昔に比べて本当に少なくなりました。
少し前までの豊胸術では,シリコンやワセリンなどが多く使われていましたが,その当時には
豊胸後遺症が本当に多くて,問題になりました。
ただ,豊胸後遺症が少なくなったといっても完全になくなったわけではもちろんありません。

豊胸手術の場合には,身体にメスを入れて切開をして施術を受けるわけですから,
傷跡が術前に思っていたよりも残ってしまったなどという豊胸後遺症もあります。
また,豊胸バッグを挿入するような豊胸術の場合には,身体の生理機能が働いて,
豊胸バッグの周りに被膜が出来てしまい,その結果豊胸バッグが破裂したり劣化するなどの
豊胸後遺症なども起こっています。

豊胸後遺症を防ぐためには,きちんと豊胸術前に医師によるカウンセリングなどを受け,
自分の身体に適した豊胸術を選択し,豊胸術後のケアなどについてもきちんと行うことが
非常に大切です。
また,豊胸後遺症の危険性や可能性についても,豊胸術前にきちんと医師に説明を受け,
そのリスクを知ったうえで,施術を受けることが必要です。
さらに,もしも万が一豊胸後遺症のような症状が出た場合には,すぐに豊胸術をうけた
クリニックで診察を受けることが重要ですね。
posted by 豊胸さん at 00:00| Comment(35) | TrackBack(3) | 豊胸のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

豊胸術後

豊胸を望んで,豊胸術を受けた後,その豊胸術後の注意点やケアの方法などは何かある
のでしょうか。
豊胸術後についてですが,豊胸バッグと呼ばれる人工乳腺を豊胸手術によって挿入した場合の
豊胸術後はどのようなものでしょう。この,豊胸バッグを挿入するタイプの豊胸手術の
豊胸術後には,きちんとした豊胸術後マッサージというものを行う必要があります。

豊胸バッグという異物を豊胸手術によって挿入した場合の豊胸術後には,人体の自然な反応と
して,その豊胸バッグの周りに被膜ができることになります。何故このような被膜ができるの
かというと,これは身体が豊胸バッグを異物と認識した為に,身体を異物から守ろうとする
ためにおきることです。
豊胸術後には豊胸バッグの周りにこのような被膜を作ることにより,異物を締め付けて小さく
しようとする身体の働きがみられるのです。
もし豊胸術後にこのように,豊胸バッグの周りに被膜ができた状態で放っておくと,どんどん
締め付けられて,豊胸バッグの形がゆがんでしまい堅くなることになります。
そのため,豊胸術後には,胸が硬くなるということがおこってくるわけです。
さらに豊胸術後に放っておくと,最終的にはこの豊胸バッグが破壊されてしまうという事も
起こってきてしまっていました。

以上のことから,豊胸術後にこのような被膜の豊胸バッグへの抵抗を少なくする目的で,
豊胸術後には豊胸術後のマッサージを行う必要があるわけです。
この豊胸術後のマッサージをきちんと行うことにより,豊胸術後の豊胸バッグへの被膜の
密着を弱め,豊胸バッグを守ることができるのです。
豊胸術後には,きちんと豊胸術後マッサージをすることが重要です。

豊胸術後は,1週間ほど入浴を控えましょう。シャワー程度であれば,5日後くらいから
行っても構わないとされています。
豊胸術後の1ケ月〜2ケ月程は飲酒や喫煙も控えてください。豊胸術後の傷跡の治り具合に
非常に関わってくるのが,飲酒や喫煙の為です。

また,豊胸術後は1ケ月ほど運動などは控えて安静にしておきましょう。
豊胸術後は,ブラジャーをつけることも半年くらいは控えるのがふつうです。
また,豊胸術後はきちんと医師から出された薬などは忘れずに内服しましょう。
包帯も,医師に指定された期間中は外さないようにすることも大切です。
豊胸術後のケアをきちんと行うかどうかで,豊胸術後に美しいバストを保つことができるか
どうかがかかっていると思ってください。
posted by 豊胸さん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊胸のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

豊胸脂肪注入

豊胸術にもいろいろな方法があります。プチ豊胸のように,豊胸ヒアルロン酸を注入する方法や
豊胸手術のように豊胸バッグと呼ばれているものを胸部に挿入するものもあります。
また,豊胸脂肪注入という豊胸術の方法もあります。この豊胸脂肪注入の豊胸術は,身体の
ラインを美しく整えたいと願う女性にとって,とても人気のある豊胸術のひとつです。
では,豊胸脂肪注入という豊胸術はどのようなことをする豊胸術なのでしょうか。

この豊胸脂肪注入という豊胸術では,まず身体の部分で脂肪が気になる部分があるとすると,
その部分の脂肪を吸引します。その次に,その吸引した脂肪を胸に注入することにより,
バランスの取れた美しいボディラインに整える,というのが,豊胸脂肪注入という豊胸術の
方法になります。

この豊胸脂肪注入という豊胸術では,大幅にバストのサイズをアップさせたいと願っている人
には,向かない豊胸術です。しかし,バストアップと同時に,気になる部分の脂肪も取って
しまいたい,と思っている女性や,豊胸手術はしてみたいけれど豊胸バッグのような人工的な
ものを挿入するのは嫌だと思っている人にはおすすめの豊胸術だといえます。

この豊胸脂肪注入を受けた後にはどのような事に気をつければ良いのでしょうか。
豊胸脂肪注入を受けた後は,3週間ほど安静にすることが不可欠とされています。
特に,豊胸脂肪注入をした後は3週間ほど胸をできる限り揺らすことのないように気を
配る必要があります。
また,豊胸脂肪注入を受ける場合には,その施術を受ける人により向き不向きがあります。
例えば,豊胸脂肪注入では,まず自分のどこかの身体の部分の脂肪を吸引する必要があります。
そのため,もともと痩せている人などは向いていません。
また,豊胸脂肪注入では,吸入して注入したあとの脂肪が,胸の部分で根付くことが必要な為,
乳腺がもともとほとんど無い人の場合には難しいとされています。
また,豊胸脂肪注入では大幅なバストアップの効果はあまり望むことはできない為,もしも
2カップや3カップ程のバストアップを望むのであれば,豊胸脂肪注入の豊胸術は向いて
いないといえます。

豊胸脂肪注入の最大の長所は,術後の痛みが少ないことです。さらに,豊胸脂肪注入では
自分の脂肪を使用するため,触った感触がとても自然なので他人に気付かれにくいという
点も長所です。
豊胸脂肪注入の短所は,術後の脂肪の生着率にとても個人差があるので,大きくなる場合と
あまり大きくならない場合があることです。
posted by 豊胸さん at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊胸のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。