豊胸は手術でもできますが、いろんなグッズでもある程度カバーできます。

このサイトは豊胸の本・CD・グッズなど通販サイトへのリンクをしています。 沢山の豊胸グッズがありますのでみてください!

2007年11月21日

豊胸手術

女性にとって,胸の大きさはさまざまなコンプレックスとなることが多いです。
大きい胸の人が大きすぎると悩むこともあれば,小さい胸の人が大きくなりたいと悩むことも
あります。
しかし,やはり世間的には小さい胸の人が大きい胸になりたいと悩むことが多いようです。
そんな時にやはり気になるのが,豊胸手術という手段です。
豊胸手術とはどのようなことをする手術でしょうか。

豊胸手術とは,名前の通り胸を豊かにする手術…つまり,小さい胸を大きくする手術のことを
いいます。豊胸手術では,豊胸バッグと呼ばれるものを胸部に入れることで,小さい胸を大きく
美しい胸にすることができます。
この豊胸手術で使われる豊胸バッグとは,「人工乳腺」とも呼ばれているもので,
この豊胸手術は「人工乳腺法」と呼ばれる手術になります。
この人工乳腺法と呼ばれている豊胸手術では,乳腺を傷つけることがありません。そのため,
豊胸手術をした後に妊娠した場合や授乳をする場合などに影響がない方法となっています。

この豊胸手術はどのような手術かというと,脇の下の目立ちにくい場所を少しだけ切り開き,
そこに豊胸バッグを挿入するという手術になります。
この豊胸手術を受けた後しばらくは,切開した部分に少しだけ傷跡が残ります。しかし,
時間と共にその傷跡は目立たなくなるので,安心です。

豊胸手術の際に豊胸バッグを入れる場所によって二つの方法があります。
乳腺の下の大胸筋に豊胸バッグを入れるという豊胸手術を,大胸筋下法といいます。
この豊胸手術が向いているのは,痩せている人や胸の小さい人です。
もう一つの豊胸手術が,乳腺下法という名前の豊胸手術で,この豊胸手術では,大胸筋の上の
乳腺の下あたりに豊胸バッグを入れる方法がとられています。この豊胸手術は,比較的胸が
大きめな人に向いている豊胸手術で,出産や授乳の経験があり胸が垂れ気味な人にも
おすすめの豊胸手術です。

このような豊胸手術をすることにより,身体への影響を心配するひとも多いと思います。
しかし,豊胸手術で使用されている豊胸バッグは,人体への害がないものなので,安全なもの
として,安心して豊胸手術を受けることができます。
しかし,やはり身体にメスを入れる手術であるので,きちんとした経験を持つクリニックを
選んで,豊胸手術を受けることがたいせつだといえます。
豊胸手術を受けることで,小さい胸がコンプレックスで暗くなりがちな女性が明るく元気な
性格になる場合も少なくありません。豊胸手術は,悩める女性の救世主です。

posted by 豊胸さん at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊胸のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。